Menu

からはだふくらかについて

Home

整体って何?

日本の整体は

白隠達磨


明治以降大正期になって外国から新しい文化や機械などがどんどん入ってくるようになり
その中にカイロプラクティックやオステオパシーなどもありました

それらを整体や指圧と名付けたことが元々だと言われています
三重県にはそれこそ大正から続く老舗の整体院もあります

按摩や鍼灸はもう少し以前からありました
静岡が誇る白隠禅師も身体を治す方法を色々と編み出していますので
大先輩ですね

そういった新しい技術と古くからあるものを掛け合わせて
様々な方々が独自の方法を作り上げていったので療術家の数だけ種類があると言えます

一時期、野口整体の野口晴哉を中心に整体操法を統一しようという動きもあったのですが
それは戦時中のことだったため結局まとまることはありませんでした

保険、資格について

保険、資格について

マッサージ、灸、整骨と整体の違い

戦後すぐに「あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律」が出来
(あん摩はもっと古くから免許制でしたが)
つい最近の「柔道整復師法」の改定により
これらを施術すること、名乗ることはそれぞれの国家資格を持っている者に限られます。

なかでも「整体」と混同されやすい「整骨」は柔道整復師が行うものになります。

はり、きゅうはともかく
あん摩やマッサージと「整体」の区別というのが難しいところですね。
一応「体重をかけ、対象者が痛みを感じる強さで行う行為」とされていますので
資格のないものがこの行為を行うことは法律違反となります。

保険

この国家資格がある所とそれ以外の大きな違いの一つが
保険適用できるかどうかです。

鍼灸の保険適用は
①神経痛②リウマチ③頚腕症候群④五十肩⑤腰痛症⑥頸椎捻挫後遺症の6疾患ですが
この症状でお医者にかかっている場合は同時には保険の適用ができませんので
いずれか一方にかからなければなりません。

マッサージは
①脳血管障害及び後遺症(脳梗塞・脳血栓・脳内出血等)
②中枢性神経疾患(パーキンソン病・脳性麻痺など)
③リウマチ・頚髄損傷等
④変形に伴う関節拘縮・筋力低下等(変形性膝関節症・筋無力症等)で
こちらは医療と同時でも構いません。

鍼灸・マッサージいずれも医者の同意書が必要になりますので
お気をつけくださいね。

カイロプラクティック、オステオパシー

国家資格のある無いに関わらず全てが医療ではありませんので
医療代替行為、民間療法と呼ばれるものになります。

カイロプラクティック、オステオパシーはアメリカなどでは法的資格があり
ドクターと呼ばれますが、日本にはその資格はありません。
中にはアメリカで学んで資格を有する人もごく少数いらっしゃいますが、日本では民間資格とみなされます。
カイロプラクティックの中にアジャストメントという背骨を瞬間的に調整する技術があります。
「整体」というと“骨をバキバキするもの”というイメージはこの技術が一時期流行ったカラなんですね。

見よう見まねで出来る技術では無いのでカイロを看板に掲げている時はどういった資格を持っているのかを確認しておきましょう。
ちゃんと学んでらっしゃるのなら効果が高いですが、場合によっては事故になりかねない技術です。
ご自身の身を守るためにも前もって下調べをしておくことをお勧めします。

現在整体は個人から団体まで考え方、方法論などあまりにも様々なものがあり
そうでなくとも例え同じ技術だったとしてもそれを使うものの体格や、性格、力加減などが違えば
また、受ける人も体格も違えば性別も違えば体質も違うのですから
同じものにはなりえないのです。
もはや統一した技にまとめることは出来ないでしょう。

整体と名乗る場合、理学療法士、作業療法士という国家資格を持った方が行う院もありますが
はり、きゅうやマッサージ、整骨とは別モノになります。

【からはだふくらか】の考える整体のカタチ

2つ勘違いをしています

身体に不調があって当然?

「齢を重ねたらアチコチに不調が出るのは当たり前」

「生理痛があるのが当たり前」
「お産は痛いのが当たり前」
「出産したら骨盤が歪むのが当たり前」

と思ってませんか?

これ全部当たり前じゃありませんから!!

出産しても
齢を重ねても
身体は何も不調が無くて当たり前
です。

医学がこれだけ進んでいるのに不調を感じている人が減るどころか
増えていく一方なのは何故だと思いますか?

何で人間だけが普段から不調を感じながら生きているんでしょう?

基本が、前提が間違ってるんです。

正しい身体の使い方、とか、姿勢とかを知らずに
自分流の身体の動かし方をしてきたそのちょっとした勘違いが
不調の原因です

だから正しい知識の上で毎日を過ごせば
身体に不調が無くて当たり前になります。

このことを知ってしまったあなたはどこにも不調が無いのが当たり前
という意識にもう替わってしまいました。

正しい知識があれば
姿勢、座り方、立ち方、歩き方から
食事、睡眠、仕事、家事、育児
人間関係、性生活、妊娠、出産、病気、加齢に至るまで
生活全ては身体を整えてより良くなっていける場になります。

もうひとつの勘違い

それはどんなに評判が良いお医者さんや鍼や整体の先生でも
あなたの不調を治すことは出来ない
ということです。

誰かに誰かを治すことは出来ないのです

あなたのお身体を治せるのは、唯一あなた自身以外にはいません!

手術や薬、はり、きゅう、マッサージはあなたのお身体の治ろうとする力を利用するものです
治しているのはあなたの身体の力に他なりません。

そして
整体だけが唯一、あなたのお身体の治ろうとする力をより引き出すことを目的とします

整体師の役割は不調になりにくい日々の送り方をお伝えし
勝手に良くなってもらって
愉しく快く
悦びに満ちた毎日を過ごしていけるお手伝いをすることです

「ずれをすぐに戻すことはせず
 自然に戻るよう生活や体の使い方を修正し
 自分の体の中の力で治るよう手伝うことを重視する」指田太志


予防という考え方

整った身体とは、病気ひとつしないことではなく
暑さ寒さなど気候、人間関係によるストレスなどといった
環境の変化にいつも自然に対応できる身体のことと考えています。

ケガをしないように、いつも用心をして外を遊び回ることもせず
病気をしないようにマスクや除菌に気をつけ
ビクビクと、オドオドとして、今をイキイキと生きていないのなら、身体は弱くなるだけで
本当の意味で健康ではありません。

これからは超高齢化社会とか、人生100年などといわれています。
子供たちはさらに寿命が伸びるとも言われます。

でも齢を重ねていけば身体は悪くなるのが当たり前

という考え方をしていればあなたや子供たちの老年時代は寝たきりだとか
誰かに介護してもらわなければいけないとか

辛い苦しい日々になりかねません。

のびのびと動き
ぐっすり眠り
スッキリと目覚め
食べたい物を、食べたい時に、食べたいように食べること。


転ばないように気をつけて歩くのでは無く
ケガをしない転び方を知っていれば
転ぶことを気にせずに元気に歩き回れます。

イキイキとハツラツに生きることが本当の予防です。

生理痛があるのが普通だと考えて
薬で痛みを抑える
ということを毎月毎月繰り返していくごとに身体の感受性は失われていきます。

気持ち良さを感じる感覚も悪くなるし
仕事や家事のパフォーマンスも落ちます。

身体の調子が悪いことは
頭の回転や思考能力の低下も招きます。

精神状態にも影響してきますので
些細なことにイライラしたりして
人間関係にも子育てにもマイナスに働くことになりかねません。

自分がやらなければと無理をして頑張ることは
作業効率もモチベーションも落ちた状態で
することになりますので

少し大きな視野で見てみると
休むことよりも損失になる可能性があるのです。

身体の不調を押してする仕事と
体調の良いときに行う仕事とでは
何百倍も利益率に差が出るという調査もあるくらいです。

また健康保険にしても年金にしても
もうすでに制度として破綻しているというのは感じてらっしゃると思います。
政府は何とか解決を先送りにしょうとしてきましたが
いよいよ限界です。

さらに
医師、看護師不足、介護士不足なども
今後更に問題となっていきます。

そういった様々な面から見ても
今までのように格安で医療サービスが受けられるという保証はありません。

アメリカのように入院一泊何百万円とか
風邪の治療に何万、何十万円かかったり
そもそも病院に受け付けてもらえない
救急車にも乗れない
そうなる可能性も否定できません。

これから病気になることのリスクは今までとは較べものにならないほど高くなります。

だからこそ病気になる前の小さなサインを逃さず身体をケアする必要があるのです。

今からは、病気にならないようにする予防という考えが必要なのです。

沼津・伊豆の国市の【からはだふくらか】は
今ある不調を取り除くだけではなく

あなたの治ろうとする力自体を高めて
これから先も不調になりにくい
なったとしても早い段階でご自身でその不調を取り除くことの出来る

整った”お身体になっていただくことを目的としています。

世界中の人々が快い身体になって愉しい心になれば
悲しい事件や戦争も無くなると信じています。
悦びに満ちた毎日を送るために

協力してください

『からはだふくらか』ってどういう意味?


日本語原学 (1932年)という本から2つの言葉を拝借して、くっつけた造語です

「言葉は短縮され略されていくものである」と考えた林甕臣という方が
使われている単語の元の形は“こうだったんじゃないだろうか”と勝手に考えた語原が載っている本です

といっても全くもっていい加減な言葉かというと、そういう訳でもないようです

言葉は体に反応します

 から(殻肌)→からだ
だふくか(肌脹らか)→はら


「はら」と声に出した場合と「はだふくらか」と言った場合
「はだふくらか」の方がより、おなかの反応が強くなるのがわかりますか?

言葉の歴史としてではなく整体的には「正しい」言葉と考えられるのです

ということで、この名前「からはだふくらか」と声に出すだけでカラダに効くという、“画期的”な名前だったのです!

『からはだふくらか』の社会事業