Menu

出産に関して

Home

出産に関してのいくつか

日本は無痛分娩が少ない?増加している?そもそも無痛分娩て?

出産が「痛い」のは
子供の要求を無視してるからか

月経が痛いのと同じで
からだ がどっかおかしくなっているせいで

「痛い」ものだと思っているのはTV等でそう刷り込まれているからです

子供は"授かる"もので人智を超えたところにあるものです

PMSや月経不順
不妊も悪阻も
安産で子供と出逢えるかも

からだ という自然の力を十全に発揮させられるか否かにあります

【からはだふくらか】ではそのお手伝いが出来るかと思います

詳しくはコチラをどうぞ

妊娠、出産を経て女性は美しくなるのが本当。



出産は、女性が美しくなるための大きな機会でもあります。

病気でも、出産でも同じなんですが、その最中ではなく、最後をどうするか、で身体は180度別なものになります。

妊娠するまでは、とてもスリムだったのに、出産後、太ってしまうというのは、この産後の過ごし方を間違えたからです。

でも、自然はどうして経産婦が、より美しくなるようになっているんでしょう?

詳しくはコチラをどうぞ

お口の中の環境が悪いと、早産や、低体重児出産の危険性が高まります。



ナゼ、動物は歯を磨かないのに、人は歯を磨かなくてはいけないのでしょう。
考えてみたことがありますか?

何となく、そういうものだから、と理由など考えないかもしれません。

私は小さい頃から、歯を磨くのが大嫌いだったので、なぜ、歯を磨かなくてはいけないのか?
とか、どうやって磨くのが、正しいのか?
ということを常々考えてきました。

そして、やっと答えらしきものにたどりついたので、みなさんにもシェアしたいと思います。

詳しくはコチラをどうぞ

帝王切開はとても大切な出産法です。勘違いをしていませんか?



帝王切開をしたことで、その後の生理が重くなったと感じたり、体質が変わったと感じる方がいらっしゃるようです。

帝王切開をすることをリスクと考えたり、良くない方法なんじゃ、と考えてしまう向きもあるようですが、これは母体と赤ちゃんを守るとても大切な出産方法です。

帝王切開のお陰で救われ、成長できる生命があるのだということを考えれば、医療の中でもっとも重要なもののひとつと言えます。

詳しくはコチラをどうぞ

産後クライシスを避ける方法を、お伝えします。



妊娠中には浮気が増えるだとか、最近は出産後の夫婦の不仲を“産後クライシス”などと名付けるくらい、問題になってきてます。
本来は、嬉しい、悦ばしいはずの妊娠、出産が一転して哀しいことになってしまうのはどうしてなんでしょう?
この時の一番の犠牲者は、産まれたこと自体を後悔させられる子どもです。
この十字架を一生背負って生きなければならないのです。
身体の面から見た、産後クライシスにならない方法をお伝えします。

詳しくはコチラをどうぞ

2019年の出生数は過去最低でした。出生率の低下の原因を伊豆の国市の整体院が考えてみます。



2019年の出生率は4年連続の低下で1.36人。出生数は過去最少を記録する86万5234人。前年に比べて5万3166人減少。
死亡数は増加して138万1098人。出生数と死亡数の差である自然増減数は、51万5864人の減少。自然減は13年連続。
婚姻件数は令和元年ということもあってか、前年より1万2484組増加し、59万8965組。
一方、これは古い数字しかないのですが、不妊治療を行っている方は17年前で47万人弱とみられており、現在はもっと増えていると考えられるそうです。
一年間に結婚したカップル以上の数の方が不妊治療を行っていると予想されます。

詳しくはコチラをどうぞ

赤ちゃんが泣く理由



赤ちゃんは泣くのが仕事?常識といわれているものには、多くの場合誰かの都合に合わせたウソが入り込んでいます。
常識を正しいことと勘違いしてしまうとそこと違う自分の状況をどうにかしなければ、と悩むなんてことになります。
人はそれぞれが違って当たり前ですし、人と人との関係はさらにさまざまな組み合わせになります。
同じものを探そうと思うこと自体が間違いだということに気付きましょう。
さて、赤ちゃんが泣く理由は一体何でしょう?

詳しくはコチラをどうぞ

数え歳を考えてみた



生と死の境がどこかというのは倫理や文化によって違います。
同じ日本でも今と昔で考え方が違います。
どちらが良いとか悪いとかは簡単に決められませんが、お腹の中の赤ちゃんは間違いなく生命ですよね。
この時期はとても大切なのです。

詳しくはコチラをどうぞ

「人間はことばを持った、そして出産の苦痛を知った」



身体は間違わずにただあります。
人間は考える力をまだ使いこなせずにいるようです。
先に頭で考えるのではなく、頭はガイド役です。
耳を澄ませて、身体の声に耳を傾けること。妊娠、出産や月経はツライものでは無くなります。

詳しくはコチラをどうぞ