Menu

子育て

Home

子育てに関するお話

駄々をこねる子供にイライラする親御さんへ まずからだを整えましょうか



赤ちゃんが泣くのは
そうすれば思いが叶うから

子供が駄々を捏ねるのは
あなたがそう仕向けているのです

からだが強張り
心が強張っているあなたは
子供を叱ることで
呼吸が浅く
血流が良くない状態から
大声を出し
血流を良くしたいという
要求がそうさせている

でも
日頃からからだを整えていれば
そんな必要はありませんよね?

快い からだ で
「不快」なコミュニケーションから
笑顔のコミュニケーションへ切り替えましょう

詳しくはコチラをどうぞ

「子供の好き嫌いを無くしたい」は親のエゴ



親の役目ってのは何なんだ?

勿論、子供の成長を見守り、促すことですが、それは見た目だけは大きく伸びても、その実はひ弱で元気も無い自立出来ない人なのか、活き活きと元気を周りに与えるような自由自律の人物なのか。

詳しくはコチラをどうぞ


赤ちゃんが泣かないよう、上手にお風呂に入れる方法を、お伝えします。



整体的な考え方による子育ての方法は、一般的にいわれていることと違う部分があります。
身体に対する考え方が違うからです。

赤ちゃんを未熟な存在と見るか、完璧な存在と見るか。
病気になりやすいということの意味。

快く、愉しく、悦びに満ちた毎日を暮らすための整体的子育て方をお伝えします。

今回はお風呂の入れ方です。

詳しくはコチラをどうぞ


寒くなってくるこれからの赤ちゃんの服をどうしたら良いでしょうか?



運動をすれば温かくなって、薄着になった方が、心地良い、ということもありますね。

赤ちゃんは、エネルギーの塊のような存在なので、大人より体温も高いですし、動き回るので、「子どもは風の子」と言われました。
最近はあまり耳にしないような気がしますが。

寒い季節。
赤ちゃんが風邪を引かないように、どういった服装が良いか、というお話です。

まあ、初めにお伝えしましたように、赤ちゃんはそもそもが熱源のような存在。
大人の肌感覚で考えると、間違いますので、気を付けましょう。

詳しくはコチラをどうぞ


紙おむつは大人の勝手な都合でしかなく赤ちゃんの為にはならない



排泄物は
要らないから出すものです

それをずっと肌に触れさせておいて構わない
という感覚と
とにかく清潔に除菌しなければ気がすまない
という感覚が同居しているのって
オカシイとは思いませんか?

排泄物をずうっとそのままにしていることも
赤ちゃんなら大丈夫ってことにはなりません

あなたよりよっぽど赤ちゃんの方が敏感です

要求を汲んでもらえない
排泄物も放ったらかし

そこで育まれる感受性は
果たしてどういうものになるか?


おむつを着けさせているのは
100%大人の都合です

育児の主役は赤ちゃんですよ

詳しくはコチラをどうぞ


子どもの好き嫌いにどう対応したら良いか、お悩みの親御さん。こんな考え方はいかがでしょう?



男の子二人兄弟のお兄ちゃん。
給食は全部食べるのに、家では好き嫌いが激しい、とご相談を受けました。
どっちかが本心じゃないか、どっちも本心じゃないか、ということが考えられるかと思います。
食については、色々な説があり過ぎてなかなか、どれが正しいのかが分からずに、長いこと学んできましたが、やっと答えに辿り着きました。
いま常識となっている、バランスよく食べましょう、とは、まったく考えていませんので、食べたいように食べてもらえば別に構わないと思いますが、もう少し細かく見ていきたいと思います。

詳しくはコチラをどうぞ